yamagatatakashi’s blog

RS.PROMINENCE 山形卓の近況 雑記 作業日誌 レースレポート

6月5日 朝

タイトルが思いつかず 無題 的な流れ。

 

テレビを全く見ないのでNHKと正式に離縁させていただいてからもう何年経つんだろ?

もうニュースと言えばネットニュース。今朝もネットニュース徘徊してて気になったのは隣の市でコンビニ強盗確保よりもホンダの軽自動車のN-VAN。

なんと6速MTがあるとのこと。

事情や目的はわからないが、狙ったかどうかは置いといてもブレーキとアクセル踏み間違いによる事故が1件でも2件でも少なくなるのは間違いないなと・・・思ったが、新型車なので自動ブレーキは義務で装備されてるはず。やはり狙ってはいない、勘違い(笑)

ただATよりはMTの方が自然と運転そのものと向き合う方向になりません?大歓迎。

昔からの持論ですが、ATの類は、長年MTに乗ってきたり、それなりにモータースポーツをかじってきたり、そんなある程度の運転上級者だけが、乗ることが許される仕組みであるべき(もしくは体の不自由な方の補助装置)。

本来それくらい危険な道具であって交通安全という意味ではAT限定免許などもってのほかというお話。

人間、何かが楽になると持て余した手足や脳みそを別のことに使いたがるもの。

AT運転してて余った能力、今スマホの操作に充てられているのを多く見かけます。

別に日常からながら運転してる人を探しているわけではなくて、近所運転してると対向車が車線はみ出してこっちに向かってくるんで嫌でも気が付くんです。1日2回くらいある。スマホ操作してなくたってはみ出してくる地域なのでホントです。

今のところすぐ気が付いて自分のいるべき車線に戻ってくれる方が多いですが、こちらが仕方がなくクラクション鳴らす場合もあり、そうすると今のとこ気が付いて戻ってくれますが、すれ違う際そのドライバーの表情から何も感じられないのが大問題ですね。まるで普通の事のよう。きっと普通の事なんですね。

ATの類運転してて余った能力は運転とスマホ操作の両立には足りませんよ。それに気が付いて欲しいです。

 

去年の東名高速道路でのあおり運転からの死亡事故からもうすぐ1年くらい経つらしい。

あの事故、危険運転なんて報道のされかたをしていますが、あれは危険運転ですか?

危険な人物が自動車を使い高速道路追い越し車線上で他車にケンカ吹っ掛けたのであって、あおり運転取り締まってもなんか違くない?・・・などと思っていますがあれ以降あおり運転の取り締まりが強化され普段あおられる事が極端に減ったし、天然で車間狭い人(こっちの方が危険)にも変化が表れてきたようですのでだいぶ助かっているのでよしとします(笑)

危険運転という言葉には、スマホながら運転の方がよっぽど近いと思う。

取り締まり強化するとそれなり効力があるようなので、こっちの取り締まりにも力入れてほしいな。

やってしまうまで気が付かないんですよね、残念ながら。