yamagatatakashi’s blog

RS.PROMINENCE 山形卓の近況 雑記 作業日誌 レースレポート

2018 0511~12 富士チャンピオンレースロードスターカップ開幕戦

https://www.instagram.com/p/Bin-ZMDjXKp/

 

富士チャンサポート行ってきました。

帰宅して異様な身体の疲労に気が付いたのですが、きっと原因はクルマでしょうね、モビリオスパイク

意のままに操るのが大変ってのはこんなにも疲れるものなのか?

対向車線にバイクが現れるたびに左手離して手を振るバイク集団の天然加減速にあわせてCVTの7速オートマモード駆使しまくったことも疲労の一因か?

あ、もしかしたらいつも道中履いてるレーシングシューズ忘れたのが原因の大半かも?それはまた次回ですね。

それは置いといて仕事で使ってる道具丸ごと積んでまだまだ余裕あるんでレース(サポート)用マシンとしてはありがたい。あとは体を鍛えてなんとかしよう(笑)

 

□□□

 

さて今回はですね、うちの看板背負って走ってくれてますNA6CEクラス73号車 高橋選手がお仕事の都合でどうにもならず参戦を断念。

よってウチもお休みしようかと考えていたところNB8C 35号車のオーナーであります加藤さんからお声がけいただき久々にこの車両のサポートで行ってきました。

 

https://www.instagram.com/p/BiqEA4KjRJk/

 

この加藤さんですが、先日も紹介させていただきましたがモータースポーツに参加してくれる人を増やそうという活動にも力を入れていて、年間通して国内Bライセンス講習会を開催されています。

国内Bライセンス講習会のお知らせ - RS.PROMINENCE

ウチのウェブページがリンクしてありますがその先へ飛んでいただければ詳細見れます。

モータースポーツに興味ある方はどんどん取得して楽しんで欲しいですね。

 

□□□

 

そんなわけで35号車のサポートに行ったのですが、35号車チームは当日入りとのことなので、ほかの参加者の人たちの様子見も兼ね前日入り。

・・・したら

仲間内の一台が練習走行中に他車と接触し結構な損傷を受けてしまいました。

足回りにダメージを受けてしまったのですが、レースには出られるくらいには修復出来ましたので、

あー、来てよかった、ってところでした。

 

レース中ってほとんどクラッシュ無いんですが、他のカテゴリーとの混走となる練習枠は車両も目的もいろんな意味での人の層もバラバラですので一般道くらい危険。けっこうクラッシュが起きてます。

一般道と違うのはこれは隔離されたコースでの【スポーツ】ですので、車に損傷を受けた場合でも「お互い様」であって相手に賠償を求めないという決まりごとがあります。

しかしコース上であまりにもおかしな行動をとる人が多く、事実としてあきらかに一方的な加害者が存在している場合が見受けられ、それでもやられた側は泣き寝入りするのが一般的というおかしな状況となっていますね。

 賠償を求めないというルールはありますが、加害者が全額負担を申し出るのは自由なのでどんどんお金で解決してくれてかまわないのにね。

プライド無ければそれまでですが。

 (端に寄ってスロー走行してた車がいきなり道を横断するかのごとく後ろから来た車両を狙い撃ち、チェッカー受けたことに気づかずレーシングスピードで他車に特攻、などはスポーツ中の出来事とは違う気がするけど)

 

□□□

 

相変わらず横道それまくりですが本題。

前回も書きましたが今年からクラス分けに大きな変更が施され、

ロードスターカップは【型式分け】から【排気量分け】となりました。

1.5クラス(ND5RC)

1.6クラス(NA6/NB6)

1.8クラス(NA8/NB8)

2.0クラス(NC/RF)

な感じで、さらにNC/NDについては、

富士チャンレギュのオープンクラス

パーティーレースレギュのチャレンジクラス

に分けられます。

 

ウチが関係するのは今のところNA/NBだけですのでそれについて書きますと、

1.6クラス(NA6CE/NB6C)

1.8クラス(NA8C/NB8C)

となりますが、参加0台なので事実上NB6Cクラスは無いのと一緒なので1.6はNA6CEのクラス、1.8クラスはNA8/NB8前期/NB8後期で車両重量に差を持たせ走行性能を近づけることで一つのクラスとして成立する工夫が施されています。

よって、出れば表彰台に乗れちゃうクラスから参加台数少なすぎて優勝しか表彰台に乗れないクラスへと変貌をとげてきたNA8単独クラスが消滅したことでレースが超~!エキサイティングになった!

今1.8クラス面白いです!

 

さて、1.8クラストップ勢紹介。

 

総合ポールはこの画像の後もうちょっと近づこうとしましたが人が多すぎて遠くからしか撮影できなかった(笑)池島選手!

かつてワタシのライバル車両であった11号車を駆る女性ドライバーです。

https://www.instagram.com/p/Bis6QzhjMDz/

 

 総合2番手 88号車おなじみ山田選手!

https://www.instagram.com/p/Bis6UiTDoVc/

としく~ん(笑)

個人的には山田選手と池島選手がどういうレースをしてどんな結果となるのかが楽しみだったのですが、山田選手がスタート失敗(TT)TOPは池島選手の一人旅となりました。おめでとうございます。

 

しかしそのおかげで山田選手を含む1.8クラス5台による総合2番手争いがロードスターカップ史上最高かもしれない大バトルへと展開↓

 

84さん、速い、上手い、すごかった!

https://www.instagram.com/p/Bis6ZA_jfSI/

 

おなじみの神谷選手。

https://www.instagram.com/p/Bis6wXwDpBP/

 

かとーさんと、次戦ドライバー氏。

https://www.instagram.com/p/Bis8HvdjMW3/

 

相変わらず車も人も男前な澤田選手。

https://www.instagram.com/p/Bis6zX_jrWO/

 

以上5台でのバトル!

もー、最高!すごい良いレースでした。

山田選手は後半大バトルから抜け出しジリジリとトップとの差を詰めていきましたが時すでに遅し。次回TOP争い期待しとるで~!

 

 

1.6クラスは時間切れでグリッド画像取れませんでした、ごめんなさい(笑)

リザルト

76号車は前日のクラッシュの損傷を引きずりながらなんとか1.6クラス優勝。

2位は参戦2戦目でポールを奪取した53号車さん。

34さんは去年最終戦で大クラッシュからクルマ作り直して見事復活を遂げ僅差で3位。

27さんは例の件知らず新品タイヤ入手出来ず中古かき集めての参戦、苦しいなか4位完走。

出られなかった73は居たらどの辺かなー?などと妄想しながら次回に期待。

こちらも相変わらず激戦区ですね。今年も展開読めません。

 

 □□□

 

サポートさせていただいた35号車は山田選手の後を追う団子の先頭を奪取し、総合とも1.8クラスとも同じ3位表彰台となりました。ドライバーのたろ~君共々おめでとうございます。

1.8NA/NBが統合されたため表彰台の重さがぜんぜん違うの。だからバトルも激戦かつクリーン。

今年ホント面白いです。

しかし、ただ面白いだけじゃなく、池島選手の登場と今回の結果を受け、もっとこう火ぃついて欲しんだよ、火ぃ(笑)

もっとメラメラと。

自分なんて自分が本気でやってるロードスターカップはF1の次ぐらいのカテゴリーだと何の根拠もない思い込みを持って挑むため燃えて燃えてすぐ燃え尽きて出られなくなっちゃう繰り返し(笑)

でも出たいけど出られないだけですから自分は数年ノーポイントという解釈。

だから参戦し続けている方々のことは本当に心の底から尊敬の念をいだいているのです。

それ踏まえたうえで、もうちょっと、燃えて欲しいという希望。

もうとっくに燃え上がっているとは思いますが。