yamagatatakashi’s blog

RS.PROMINENCE 山形卓の近況 雑記 作業日誌 レースレポート

2017 0216 日光サーキットスポーツ走行

久しぶりにブログ更新です。

16日木曜日、自分のクルマを走らす目的で日光サーキットに行ってきました。日光走ってるノーマル系ロードスターの皆様がラップタイム表公開してくれてて非常に参考になってます。ありがとうございます。

富士チャンピオンレースロードスターカップ仕様からタイヤをV700→イーグルRSスポーツに変更しDHTと助手席とリアウイングを取り外した仕様でとりあえずコースインしました。見越したセット変更しないでどうなるのかやってみたかったんです。Fクラスで走行した辺り察してください。

当然のことと言えばそうなんですが、当然ダメでした。
1本目ずーっと43秒0を切れません(笑)最後の最後に42秒950がマグレででました。

もともとウイング付きでオーバーステア気味にセットされたクルマから、ウイングを外しさらにDHTや助手席まではずしたんですからもとよりさらにリア上がりの車高バランスになってます。対策として当たり前ですけどリアの車高下げてみました。

その状態で臨んだ2本目、当たり前に42秒前半が出ます。
ベストは42秒243、1本目からコンマ7秒短縮。

さらにリアの車高を下げ、12時になったし腹減ったのでラーメンとカレーのセットを食しそのお腹のまま臨んだ1230の走行枠・・・
腹いっぱいで集中力ありません、つか苦しい。
しかし普通に走ってても2本目より平均的にタイムアップ。
42秒1~2を連発することが出来ました。その中の一発ベストが42秒067でした。

さてこのままセット変更を繰り返しながら4本目5本目と走りたいところだったのですが1年前から大きく調子を崩してたラッシュアジャスターが本格的におかしくなり、3本目終了後パドックへ戻ってきたときはエンジンブローしたかと思ったほどの激しい異音と2気筒風味のアイドリング(エンジンブローじゃないと確証したのは数時間放置後、十数分アイドリングして異音が消えたことからです。ホントにひどかった)。今日はここでやめることにしました。

現状はリアの車高を下げ続けてもまだ全くアンダー傾向にはならないこと、9コーナーのプッシングアンダーは1本目から出ていたこと、1セクは意外と遅くないけど2と3は切腹レベルで遅いこと、運転とクルマ両方の原因で11コーナーのボトムスピードが落ちすぎていること・・・

などなど、です。

タイヤが変わったことが一番大きな要因と思いますがLSDとの相性も崩れてしまっています。この辺バランス難しい所です。

今年イサジさんとこのCUPシリーズ戦にまぜていただきたく思い動き始めましたところですが、TOP勢に追い付きたくてジタバタするのが楽しくて仕方がありません。

よろしくお願いします(^^

 

 

追記

己のレギュレーションとして6点ロールケージ外さない方針です。

理由はただのメッセージなんですけどね。

外してたら自分との戦いに敗れたんだなとサトってください(笑)