yamagatatakashi’s blog

RS.PROMINENCE 山形卓の近況 雑記 作業日誌 レースレポート

1.6クラス画像

昨日1.6クラスの画像は撮れませんでしたと書いてから一応スマホ確認したら撮ってました。

なぜ撮れなかったと思ったのか、そこが個人的大問題(苦笑)

 

 

参戦2戦目でポールポジションを獲得したのは53号車さん。

https://www.instagram.com/p/BivNn_jDmNk/

 

 

写真には写らない真実(右側面ズッタズタ)

足回りのバランスが狂った中ポールポジションは逃してしまいましたが、レースが終わってみれば堂々優勝の76号車。

https://www.instagram.com/p/BivNqB8Dtk3/

 

 

今だから書ける去年最終戦の大クラッシュ、ヘビーウェットのウォータースクリーンで何も見えない中イエローフラッグが出るとあんな大惨事が起きるんだなと思い知らされた事件でした。

あの直後から車両再制作し見事復帰をとげた34号車。すごいモチベーション。

https://www.instagram.com/p/BivNs-dDq7N/

 

 

今年クムホさんのタイヤサービスが来ないことを知らなかったため新品タイヤの準備が間に合わず不本意な順位となってしまった27号車。

お手製エアロの進化はとどまる所を知らない(笑)

https://www.instagram.com/p/BivNu-vDvq8/

 

 

さあ次戦は8月26日㈰開催となります。

73号車ももどってきますんでいろいろ楽しみです。

では。

 

 

 

広告を非表示にする

2018 0511~12 富士チャンピオンレースロードスターカップ開幕戦

https://www.instagram.com/p/Bin-ZMDjXKp/

 

富士チャンサポート行ってきました。

帰宅して異様な身体の疲労に気が付いたのですが、きっと原因はクルマでしょうね、モビリオスパイク

意のままに操るのが大変ってのはこんなにも疲れるものなのか?

対向車線にバイクが現れるたびに左手離して手を振るバイク集団の天然加減速にあわせてCVTの7速オートマモード駆使しまくったことも疲労の一因か?

あ、もしかしたらいつも道中履いてるレーシングシューズ忘れたのが原因の大半かも?それはまた次回ですね。

それは置いといて仕事で使ってる道具丸ごと積んでまだまだ余裕あるんでレース(サポート)用マシンとしてはありがたい。あとは体を鍛えてなんとかしよう(笑)

 

□□□

 

さて今回はですね、うちの看板背負って走ってくれてますNA6CEクラス73号車 高橋選手がお仕事の都合でどうにもならず参戦を断念。

よってウチもお休みしようかと考えていたところNB8C 35号車のオーナーであります加藤さんからお声がけいただき久々にこの車両のサポートで行ってきました。

 

https://www.instagram.com/p/BiqEA4KjRJk/

 

この加藤さんですが、先日も紹介させていただきましたがモータースポーツに参加してくれる人を増やそうという活動にも力を入れていて、年間通して国内Bライセンス講習会を開催されています。

国内Bライセンス講習会のお知らせ - RS.PROMINENCE

ウチのウェブページがリンクしてありますがその先へ飛んでいただければ詳細見れます。

モータースポーツに興味ある方はどんどん取得して楽しんで欲しいですね。

 

□□□

 

そんなわけで35号車のサポートに行ったのですが、35号車チームは当日入りとのことなので、ほかの参加者の人たちの様子見も兼ね前日入り。

・・・したら

仲間内の一台が練習走行中に他車と接触し結構な損傷を受けてしまいました。

足回りにダメージを受けてしまったのですが、レースには出られるくらいには修復出来ましたので、

あー、来てよかった、ってところでした。

 

レース中ってほとんどクラッシュ無いんですが、他のカテゴリーとの混走となる練習枠は車両も目的もいろんな意味での人の層もバラバラですので一般道くらい危険。けっこうクラッシュが起きてます。

一般道と違うのはこれは隔離されたコースでの【スポーツ】ですので、車に損傷を受けた場合でも「お互い様」であって相手に賠償を求めないという決まりごとがあります。

しかしコース上であまりにもおかしな行動をとる人が多く、事実としてあきらかに一方的な加害者が存在している場合が見受けられ、それでもやられた側は泣き寝入りするのが一般的というおかしな状況となっていますね。

 賠償を求めないというルールはありますが、加害者が全額負担を申し出るのは自由なのでどんどんお金で解決してくれてかまわないのにね。

プライド無ければそれまでですが。

 (端に寄ってスロー走行してた車がいきなり道を横断するかのごとく後ろから来た車両を狙い撃ち、チェッカー受けたことに気づかずレーシングスピードで他車に特攻、などはスポーツ中の出来事とは違う気がするけど)

 

□□□

 

相変わらず横道それまくりですが本題。

前回も書きましたが今年からクラス分けに大きな変更が施され、

ロードスターカップは【型式分け】から【排気量分け】となりました。

1.5クラス(ND5RC)

1.6クラス(NA6/NB6)

1.8クラス(NA8/NB8)

2.0クラス(NC/RF)

な感じで、さらにNC/NDについては、

富士チャンレギュのオープンクラス

パーティーレースレギュのチャレンジクラス

に分けられます。

 

ウチが関係するのは今のところNA/NBだけですのでそれについて書きますと、

1.6クラス(NA6CE/NB6C)

1.8クラス(NA8C/NB8C)

となりますが、参加0台なので事実上NB6Cクラスは無いのと一緒なので1.6はNA6CEのクラス、1.8クラスはNA8/NB8前期/NB8後期で車両重量に差を持たせ走行性能を近づけることで一つのクラスとして成立する工夫が施されています。

よって、出れば表彰台に乗れちゃうクラスから参加台数少なすぎて優勝しか表彰台に乗れないクラスへと変貌をとげてきたNA8単独クラスが消滅したことでレースが超~!エキサイティングになった!

今1.8クラス面白いです!

 

さて、1.8クラストップ勢紹介。

 

総合ポールはこの画像の後もうちょっと近づこうとしましたが人が多すぎて遠くからしか撮影できなかった(笑)池島選手!

かつてワタシのライバル車両であった11号車を駆る女性ドライバーです。

https://www.instagram.com/p/Bis6QzhjMDz/

 

 総合2番手 88号車おなじみ山田選手!

https://www.instagram.com/p/Bis6UiTDoVc/

としく~ん(笑)

個人的には山田選手と池島選手がどういうレースをしてどんな結果となるのかが楽しみだったのですが、山田選手がスタート失敗(TT)TOPは池島選手の一人旅となりました。おめでとうございます。

 

しかしそのおかげで山田選手を含む1.8クラス5台による総合2番手争いがロードスターカップ史上最高かもしれない大バトルへと展開↓

 

84さん、速い、上手い、すごかった!

https://www.instagram.com/p/Bis6ZA_jfSI/

 

おなじみの神谷選手。

https://www.instagram.com/p/Bis6wXwDpBP/

 

かとーさんと、次戦ドライバー氏。

https://www.instagram.com/p/Bis8HvdjMW3/

 

相変わらず車も人も男前な澤田選手。

https://www.instagram.com/p/Bis6zX_jrWO/

 

以上5台でのバトル!

もー、最高!すごい良いレースでした。

山田選手は後半大バトルから抜け出しジリジリとトップとの差を詰めていきましたが時すでに遅し。次回TOP争い期待しとるで~!

 

 

1.6クラスは時間切れでグリッド画像取れませんでした、ごめんなさい(笑)

リザルト

76号車は前日のクラッシュの損傷を引きずりながらなんとか1.6クラス優勝。

2位は参戦2戦目でポールを奪取した53号車さん。

34さんは去年最終戦で大クラッシュからクルマ作り直して見事復活を遂げ僅差で3位。

27さんは例の件知らず新品タイヤ入手出来ず中古かき集めての参戦、苦しいなか4位完走。

出られなかった73は居たらどの辺かなー?などと妄想しながら次回に期待。

こちらも相変わらず激戦区ですね。今年も展開読めません。

 

 □□□

 

サポートさせていただいた35号車は山田選手の後を追う団子の先頭を奪取し、総合とも1.8クラスとも同じ3位表彰台となりました。ドライバーのたろ~君共々おめでとうございます。

1.8NA/NBが統合されたため表彰台の重さがぜんぜん違うの。だからバトルも激戦かつクリーン。

今年ホント面白いです。

しかし、ただ面白いだけじゃなく、池島選手の登場と今回の結果を受け、もっとこう火ぃついて欲しんだよ、火ぃ(笑)

もっとメラメラと。

自分なんて自分が本気でやってるロードスターカップはF1の次ぐらいのカテゴリーだと何の根拠もない思い込みを持って挑むため燃えて燃えてすぐ燃え尽きて出られなくなっちゃう繰り返し(笑)

でも出たいけど出られないだけですから自分は数年ノーポイントという解釈。

だから参戦し続けている方々のことは本当に心の底から尊敬の念をいだいているのです。

それ踏まえたうえで、もうちょっと、燃えて欲しいという希望。

もうとっくに燃え上がっているとは思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クムホの現地タイヤサービスはもう来ないよとの噂と富士チャンRSCもうすぐ開幕するよというお知らせ

クムホタイヤサービス来ないよ】との噂。

富士ロードスターカップに参加している人達だけに意味が伝われば良いので端折って書きます。

今回の開幕戦出場に向け、とある参加者の方がいつもタイヤをオーダーしてるお店にいつも通りの現地納品でお願いしたところ、クムホさん側から「現地タイヤサービスはもう終わりにしました」との返答が来たとの噂。

参加側にとってはレースに出られなくなるレベルのものすごく重大な事であるのにも関わらず、関係各所のどこからもこの件が発信されていない所を見ると「これデマなんじゃないの?」なんて思ってしまいます。

でもホントだったら困るの自分ですのでタイヤの準備は慎重にねというお話(^O^)/イマゴロスマン

 

□ □ □

 

さて。

来る5月12日、富士チャンピオンレースのロードスターカップ開幕戦が行われます。

参加台数・・・

 

1.5チャレンジクラス 9台

1.5オープンクラス  0台

1.6クラス      4台

1.8クラス      9台

2.0チャレンジクラス 2台

2.0オープンクラス  5台

合計        29台

 

クラス分け変わりすぎてわかんない?

いやいや、排気量は書いてる通り「N A/B/C/D関わらずそれが全て」の区分なんでわかりやすいはず。

チャレンジ/オープンは、パーティレギュ/富士チャンレギュ、な感じです。

 

□ □ □

 

今回ウチの73号車、お国のために尽力しすぎて参戦できず・・・でございます、残念。

お国のために従事する国民が、もらった給料の全てを自分の趣味のために投じて経済を回そうとしているのことの重要さをわからないなんて情けなくて絶望の涙が出てきちゃいます。

 

そんなわけで、サポート無いので今回自分もいません。

 

なんて言ってたら、とあるお方からサポート来いやとお誘いをいただきました。ありがとうございます。

せっかくなので、予約していたビジホもまだキャンセルしていなかったので、もともとの予定通り前日入りすることにしました。

オイル、ブレーキフルード、純正部品とかもってこいや、等のお話ありましたら出来る限り対応しようと思いますので出来ればお早めにご連絡いただければ幸いです。

言われなくても押し売り用にいっぱい持ってくかもしれませんが(笑)

 

では今シーズンもよろしくです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中古パーツ情報 TAKATA 5点式シートベルト 9000円

お客様からの委託品です。

NAロードスターで使用していました。

商品名、品番等不明。

基本4点は3インチ幅、股ベルト2インチ幅。

富士チャンピオンレースで使用してましたがFIAの使用期限が2014年で切れたため買い替え、そのまま保管しておいた物。

バックル部に小傷などありますが、基本期限が切れただけなので通常使用には一切問題なし。

アイボルトなどの付属品無し。画像のベルトのみです。

 

 

お問い合わせや購入希望の連絡先は公平を期すため

rsprominence@gmail.com

までお願いします。

 

 

 

 

f:id:yamagatatakashi:20180326130543j:plain

 

f:id:yamagatatakashi:20180326130605j:plain

 

f:id:yamagatatakashi:20180326130629j:plain

 

f:id:yamagatatakashi:20180326130648j:plain

 

f:id:yamagatatakashi:20180326130742j:plain

 

f:id:yamagatatakashi:20180326130707j:plain

 

R1-GRAND PRIX の協賛品

もうすぐR1ですね~

今回山形は出走しませんがお客さんのサポート兼ねて行くだけ行きますんでよろしくお願いします。

 

じゃんけん大会用の協賛品、ネタ切れで数年前のロド天と同じものになってしまいました。

またかよ!なんて言わないで(^_^;)コレツヅケヨウカナ

 

f:id:yamagatatakashi:20180213225158j:plain

 

 

中身はこんなん。

f:id:yamagatatakashi:20180213225220j:plain

 

いきなりこんなものもらってもなんだかわからないと困るので一応説明。

ロードスターのシートバックスペースに忍ばせておける【パドックお掃除セット】です。

サーキットでタイヤの表面さらったりホイールの内側に張り付いたタイヤカス落としたりするじゃん?

あのゴミをささっと掃除したいんだけどホウキもチリトリも無くて困った、なんて事が多いので私もいつもロードスターに積んでいる物です。

ホウキとチリトリと、それをスタイリッシュに収納できる専用バッグ、さらに年次改良(?)で今回からゴミ袋もセットになりました。

どうかご活用くださいませ。

 

 

 

広告を非表示にする

2018年はじまりました。

お正月はちょっとだけ実家方面に行ってきました。

 

道中・・・

 

f:id:yamagatatakashi:20180104142646j:plain

雪に埋もれかけたり・・・

 

 

f:id:yamagatatakashi:20180104142713j:plain

巨大生物の攻撃に遭ったり・・・

 

 

・・・とかは無く、無事に帰って来れました。

 

 

 

実家方面。

f:id:yamagatatakashi:20180104143240j:plain

 

自分がいた頃は田んぼだったところが凄い事になってた。

けっこうヘンピなところだったんですけどね、変わりすぎです。

 

 

実家や富士スピードウェイなど往復するのに近年は下道使う機会が増えました、スマホナビのおかげです。

今回出発前の予想到着時間では、ちゃんとしたカーナビだと5時間半、スマホだと3時間50分。

ですが実際に走ってみると、前者はそこから伸び、後者だと同じかかえって縮まる事が多いです。

たまにとんでもない道を通されたりしますけどね(笑)

 

さあ、そんなこんなではじまりました2018年。

どうか今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

モビリオにアルミホイールとか入れちゃったり。

そういえばモビリオスパイクのオーナーさんたちってモビリオって呼んでるんですかね?スパイクって呼んでるんですかね?後継車種にフリードスパイクってのもあるわけですからやっぱモビリオなのかな?なんかどうでもいい事なんですが。

 

さてうちのモビリオですが純正スチールホイールにホイールキャップのセットが付いてるわけですが、なんでホイールキャップって御多分に漏れずあんなにガリガリにこすられちゃうんでしょうかね?

もーボロボロですよ。

外してスチールのまま乗ってましたがこのクルマはメインの足だし富士チャンサポートにも行くんでやっぱスタッドレス無いと困るな~というわけで夏タイヤ用にアルミホイール入れたくなってポチリ。

 

f:id:yamagatatakashi:20171227151242j:plain

f:id:yamagatatakashi:20171229000522j:plain

 

本人大満足なんですが写真だと伝わらんな。

ホンダ純正かフォルクスワーゲン純正で探してみたんですけどなかなかいいのに巡り合えず、それなら純正サイズ付近の社外でもいいかなと探してたらいいの発見。

純正比3mm外にオフセットされること以外は同一サイズ。

ロードスターでもそうなんですけど電車オフセット好きなんですよ。出てるのも好きだけど引っ込んでるのも好き。嫌いなのは車高高いままツライチオフセットでポジキャンとかですかね、あれはいかん(笑)

元々純正でありそうなデザインだし何気にWedsなんで品質もばっちりです。

全然期待してなかったんですが純正スチールホイールと比べ結構軽く、タイヤは元のを移植したんですが気になってたヒョコヒョコした嫌な上下動のある乗り心地がかなり改善されちゃいました。まあそうなるような空気の入れ方もしてるんで相乗効果かもしれませんが期待してなかっただけになんか嬉しいです。

 

そういえばすっかり忘れてたんですが自動車保険入らないまま10日近く経過してしまいました。昨夜気が付いて急遽加入。

ほぼ乗ってないクルマもあるんでそっちのと入れ替えようかなとも考えたんですが、今の世の中何が起こるかわかりませんからね。

自動車保険に加入してない人って結構いると思うんです。高いですからね。

加入してる人もなんで入ってるのかあまり深く考えないでなんとなくって事も多いと思いますが、なんで入るんだと思います?

 

あれって、被害者救済なんですよ。怪我した人への補償。

 

当然保険内容によっていろいろありますけど基本はそこ。

車はぶつけるもんや~なんて発言して怒られたボクサーが居ましたがあれは論外。

クルマぶつけちゃだめですよ。怪我したらもっとだめ。だから絶対に事故は起こさない。

しかしそう思って運転していても人間のやる事ですからクシャミした瞬間になんか起きたり正常な人でも急に意識失ったりあるわけですよ。

だから絶対事故起こさないように運転していても、本当に絶対に事故を起こさない確証はどこにもないんですよね。

何気にクルマ4台になっちゃいましたから結構きついんですけど全車入ってます。

 

プライドあるクルマ好きであるならば、保険入っといてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ウチ保険関係ないんで商売の話じゃなくてね(笑))